< Back to News & Blog

モデルベース開発手法

SUBARU LogoModelica とモデロンのソリューションの導入により、SUBARU 社の駆動開発チームの 1D モデリング技術力と人材は劇的に進歩しました。弊社が SUBARU 社の製品設計とイノベーションにおける モデルベース開発手法 (MBD) をどのようにサポートしているかをご紹介します。

日本の自動車メーカーである株式会社 SUBARU は、駆動系システムの研究開発プロセスにおいて、 Modelica の技術と弊社の車両ダイナミクスライブラリ (Vehicle Dynamics Library) 、油圧ライブラリ (Hydraulics Library) 、 FMI 技術を含むモデロンのソリューションを モデルベース開発 に活用しています。

SUBARU モデルベース開発手法 カスタマーストーリー本カスタマーストーリーでは、株式会社 SUBARU の黒田恭亮氏に、 モデルベース開発手法 の導入背景と、モデロンのソリューションを活用した成果についてお話を伺いました。インタビューを通じて、弊社の Modelica ベースのソリューションを導入することで、試験の計画段階、実験、そして結果の分析における全て のプロセスにおいてエンジニアの技術力の向上にも貢献していることがわかりました。ワークショップでの教育やサポートを通して、 SUBARU のチームは 1D モデリングの技術力の理解がさらに深まり、人材育成にも効果が波及しました。

弊社のソリューションを活用した SUBARU 社の モデルベース開発手法 についての全文は【インタビュー全文を読む】からダウンロードできます。インタビュー全文を読むモデロンのソリューションについてのお問い合わせはこちらから